顔のリンパマッサージ


顔エステリンパマッサージを顔に行うと、リンパの流れがよくなり、滞っていた老廃物が流れるのため、たるみ顔の解消や小顔効果が期待できます。このサイトでは、顔へのリンパマッサージについて説明します。

リンパとは、リンパ管、リンパ液、リンパ節の総称で、体内の不要な老廃物等を心臓へ運ぶ下水道のような役割をしています。リンパが滞ったり詰まったりすると、体内に老廃物や不要な水分がたまり、不調の原因となります。

リンパマッサージを顔に行う場合、方法は様々ありますが、重点的に行うとよい部位としては、リンパ節のある耳たぶ近くのフェイスライン、リンパが流れる首からデコルテライン、また、モダイオラスという部位を口の中からマッサージするのも効果的とされています。

モダイオラスという部位は、初めて聞くという人もいるでしょう。えくぼができる位置にあり、ここには顔の筋肉のほとんどが集まっており、口角結節とも呼ばれます。年齢を重ねると硬くなりがちなモダイオラスをマッサージすることで、口周りが引き締まり、ほうれい線やたるみの解消効果、小顔効果が期待できます。方法は、口に指を入れてモダイオラスを30秒ほどマッサージします。行う場合は、力を入れすぎず、リンパの流れがよくなるよう優しく行いましょう。

体のリンパマッサージ


このサイトでは、リンパマッサージを体に行う効果、中でも脚に行う効果について説明します。

脚やせを目指している人の中には、食事制限をしたり運動をがんばっても太ももが細くならないと悩んでいる人もいるでしょう。その場合は、むくみやセルライトが原因となっている可能性があります。セルライトとは、水分や老廃物が蓄積されることで肥大化した脂肪細胞です。脚は重力の影響で水分がたまりやすく、むくみやすい部位です。また、心臓から遠く血液を押し戻しにくいため、リンパが滞りやすいのです。むくみやセルライトが原因となっている場合、リンパマッサージで脚やせ効果が期待できます。

オイルリンパマッサージを行う方法を説明します。まず、マッサージ用のクリームやオイルを塗って滑りをよくし、皮膚に過度の負担かかからないようにします。そして、まず、太ももの付け根にあるリンパ節に圧をかけ、もみほぐします。その後、下から上へと向かって、つまり、つま先から太ももの付け根に向かって、手のひらでゆっくりとなでるように押し上げていきます。太ももは太さがあるので、表側、裏側、外側、内側と分けて行いましょう。強すぎず弱すぎず、気持ちいいと感じる力加減で行います。力を入れすぎるとリンパをつぶしてしまい、逆効果になる場合もあるので注意が必要です。

また、女性だけでなく、メンズエステ専門のリンパマッサージ店も最近オープンしています。渋谷にあるメンズエステサロンでは、完全個室の会員制サロンとなっておりますので、気軽に立ち寄りやすいことでしょう。もちろん男性もむくみや老廃物が蓄積されますので、適度にリンパを流すことをおすすめします。

リンパマッサージについて


リンパマッサージという言葉をよく耳にしますが、どういうものなのかはっきりわからないという人もいるでしょう。

背中のマッサージ「リンパ」とは、西洋医学の概念です。リンパは、静脈に沿って全身に張り巡らされているリンパ管と、その中を流れるリンパ液、そして首の回りや脇の下、関節などにあるリンパ節をまとめた呼称です。リンパは、体の中にたまった老廃物を体外に出すように働きます。また、体内に侵入した異物から体を守る免疫機能も持ち合わせています。

このリンパ液が体内を滞りなく流れる状態を保つためには、運動などによる筋肉の収縮が不可欠です。リンパの流れをよくし、体の不調を改善するために考案されたのがリンパマッサージです。

リンパマッサージには、リラックス効果のほか、血液循環がよくなる、むくみが取れるという効果が期待されます。ただし、すべての人に効果があるわけではありません。むくみや肩こりの原因はひとつではありませんが、リンパの流れが滞りが原因で起こっている場合は効果が期待されます。

リンパマッサージを行う際には、正しい知識を身につけ、正しい方法で行うことが大切です。強すぎる力で行ったり間違った方法でマッサージをすると、逆に体調を悪化させてしまうこともありますので注意が必要です。また、食後すぐや飲酒後、ひどいけがや病気をしているとき、妊娠初期はリンパマッサージは控えたほうがよいでしょう。

このサイトでは、リンパマッサージの効果について説明していますので、参考にしていただければ幸いです。